TEL
メニュー
ビーバーズ

第二新卒はいつまで?転職有利に進めるコツと注意すべきポイントを解説

仕事探し 働き方やキャリア 転職

第二新卒とは、一般的に新卒入社後、社会人経験が3年未満で再就職や転職を考える若手のビジネスパーソンを指す言葉です。

第二新卒の方が新たなキャリアを築くためには、自分の経験をどのように活かすか、またどのような業界や職種が適しているかを見極めることが重要です。

しかし、第二新卒という言葉が使えるのがいつまでなのかや、その期間を最大限に利用するためにはどのような転職活動をすれば良いかが課題となります。

第二新卒の方が転職を有利に進めるには、市場のニーズに応じたスキルセットの構築や、適切な職務経歴を作成して自己PRすること、面接で自分の強みをアピールするといったコツが必要です。

そこで今回は、第二新卒の方が転職を有利に進めるコツや注意すべきポイントについて徹底解説します。これから転職や再就職をお考えの第二新卒の方は、ぜひ参考にしてください。

第二新卒は「いつまで」か?業界の基準と定義を解説

第二新卒とは、一般的に新卒入社後、社会人経験が3年未満の若手ビジネスパーソンを指します。該当する年齢は、4年制大学を卒業していれば25歳前後、高卒は20歳前後を指す場合が多いでしょう。

「いつまで」の定義としては、明確な基準はありませんが、最終学歴が4年制大学であれば25歳前後、高校であれば20歳前後の年齢を指す場合が多いです。企業によっては、「第二新卒」とは呼ばず「若手」と表現することもあります。

第二新卒と新卒、既卒、中途との違い

  • 新卒:学校を卒業・修了してすぐに初めて社会人として就業する人。
  • 既卒:一度学校を卒業したが、就職していないまたは新卒入社の機会を逃した人。
  • 中途:社会人経験者。新卒入社以外の経路で企業に入社する者を指す。
  • 第二新卒:新卒で入社した企業を1〜3年以内に退職した人。30代になると「中途採用者」となり、卒業後3年以内であっても第二新卒扱いにならないことが多いです。
  • 採用ルールの例外もある:企業によっては、29歳まで、つまり20代の全ての人を第二新卒として扱うなどの採用ルールを設けているところもあります。

上記の情報を踏まえ、第二新卒としての再就職活動を行う際には、各企業の定義や募集要項を確認することが重要です。

また、第二新卒者は新卒としての経験がありながら職歴が浅いため、教育制度や新人研修を必要とすることがありますが、前職の影響が少ないため、新しい企業の社風になじみやすいという特徴があります。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

転職市場における第二新卒の立ち位置

Man Wearing Blue Blazer and White Dress Shirt Leaning on White Wall

第二新卒者は、転職市場において独特の立ち位置を持ちます。

一般的に、第二新卒とは新卒採用後数年以内(多くの場合は3~5年以内)に転職を考える若手社会人を指しますが、学歴に依存しないため、高卒者もこのカテゴリーに含まれることがあります。

第二新卒者の市場割合

なお、第二新卒者の市場割合は意外と大きく、実務経験や早期からの社会人生活によって培われたスキルが多くの企業にとって魅力的です。特に、IT業界、保険業界、不動産業界などでは、第二新卒者を積極的に採用する動きが見られます。

第二新卒者が直面する課題

第二新卒者が直面する課題としては、耐久性に対する偏見や未熟なスキルセットが挙げられますが、これらは適切な戦略と意識を持って取り組むことで克服可能です。例えば、過去の職歴や経験から学んだ忍耐力や責任感を面接時にアピールすることや、自身のスキルセットを客観的に評価し、必要なスキルを身につけるための計画を立てることが重要です。

第二新卒者の強み

また、第二新卒者は柔軟性と適応力の高さ、伸びしろとポテンシャルを強みとしています。これらを活かし、社会人としての経験値を前面に出すことで、新たな職場環境にも素早く適応できるという点をアピールすることが大切です。

第二新卒者が転職に成功するポイント

第二新卒者が転職に成功するポイントは、自己分析の深掘り、業界と企業の綿密な研究、退職理由のポジティブな転換、志望動機の明確化、面接対策の徹底などが挙げられます。これらを通じて、第二新卒者は転職市場での自身の価値を高め、成功に導くことができるでしょう。

第二新卒の転職市場は一定の規模があるため、第二新卒向け転職サービスが多数存在します。企業が第二新卒を採用するメリットとしては、採用にかかるコストが低い、柔軟性が高い人材が多い、将来性に期待できるなどがあります。

このように、第二新卒者自身が転職市場に入るメリットとしては、ポテンシャル込みで採用してもらえることや、仕事の適性や将来のキャリアをイメージしやすいことが挙げられるでしょう。これらの点を踏まえ、第二新卒者は転職活動を進める際に有利な立ち位置を確保することが可能です。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

第二新卒が転職を有利に進めるためのコツ5つ

第二新卒が転職を成功させるためには、以下のポイントに注意して準備を進めることが重要です。

1.自己分析を行うこと

自分の強み、弱み、価値観、キャリアの目標を理解することが重要です。SWOT分析(Strengths, Weaknesses, Opportunities, Threats)を使って、自己分析を深めましょう。

これにより、どのような企業が自分に合っているかを見極めることができます。

2.市場調査をすること

業界の動向、求められるスキル、職種の需要を調査します。情報はオンラインの求人情報、業界のニュース、専門家の記事などから得られます。

求人市場の動向を把握し、自分のスキルがどの業界や職種で求められているかを調べましょう。

3.履歴書・職務経歴書をブラッシュアップすること

履歴書と職務経歴書は、あなたの経験とスキルを明確に伝えるためのツールです。

そこで、具体的な成果や数字を用いて実績を強調し、どのように貢献できるかをアピールしましょう。

4.面接対策をすること

よくある面接の質問に対する回答を準備し、模擬面接で練習します。自分の言葉で自信を持って話せるように、繰り返し練習することが大切です。

自己PRや志望動機、退職理由など、面接で聞かれる可能性のある質問に対して、事前に答えを用意しておきましょう。

5.ネットワーキングを活用すること

人脈を築き、業界の人々と交流することで、未公開の求人情報を得たり、推薦状をもらうことができます。

LinkedInなどのプロフェッショナルネットワークを活用するのがおすすめです。また、知人やSNSを通じて情報収集を行い、転職活動をサポートしてくれる人を見つけましょう。

これらのステップを踏むことで、第二新卒者は転職活動を効果的に進めることが可能です。自分に合った職場を見つけ、新たなキャリアを築いていくために、これらのポイントを活用してください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

今すぐ応募できる求人はこちら

\非公開求人/

新築メインの建築施工管理求人

月収
750000
勤務地
東京都港区
募集職種
一級建築施工管理技士

\非公開求人/

中古マンションのリノベーション

月収
450000
勤務地
神奈川県横浜市
募集職種
住宅マンションの施工管理

\非公開求人/

スーパーゼネコンの土木施工管理

月収
580000
勤務地
大阪府大阪市
募集職種
土木施工管理技士

\非公開求人/

大手ゼネコンの現場事務

月収
340000
勤務地
関東圏内の各エリア
募集職種
大手ゼネコンの現場事務

\非公開求人/

住宅中心の太陽光発電設置工事

人月単価
450000
勤務地
埼玉県全域
募集職種
太陽光発電設置工事

\非公開求人/

集合住宅のアフターメンテナンス

人月単価
400000
勤務地
福岡県博多市
募集職種
集合住宅のアフターメンテナンス

\非公開求人/

大型物件の解体工事

人月単価
500000
勤務地
栃木県栃木市
募集職種
大型物件の解体施工管理

\非公開求人/

大手ハウスメーカー下請けの大工

人月単価
700000
勤務地
大阪府大阪市、愛知県名古屋市、沖縄県
募集職種
住宅の大工

第二新卒者が注意すべき転職活動のポイント

Crop unrecognizable female psychologist and patient discussing mental problems during session

第二新卒者が転職活動を行う際に注意すべきポイントは以下の通りです。

企業研究を十分に行うこと

志望する企業の文化、ビジョン、業務内容などを徹底的に調べましょう。

企業の公式サイトやSNS、転職サイトでの評判、転職エージェントからの情報などを参考にして、自分の価値観や目指すキャリアと合致する企業を選ぶことが大切です。

計画を立てずに退職しないこと

転職活動は計画的に行うことが重要です。

転職の目的の明確化、必要なスキルや資格の取得、応募書類の作成、面接の事前練習など、具体的なステップを設定しましょう。

将来のビジョンを明確にしておくこと

面接時には、前職の転職理由をほぼ確実に聞かれるでしょう。そこで、ネガティブな発言は避け、転職後に成長していくというポジティブな姿勢を示すことが大切です。

また、転職理由を明確にすることで、自身のキャリアの方向性や目指す姿を示す指針にもなります。

第二新卒としての期間が長引かないうちに転職すること

第二新卒の期間は一般的に卒業後3年以内とされています。

この期間内に転職活動を行うことで、第二新卒としてのメリットを最大限に活かすことが可能です。

自己分析を徹底的に行うこと

自分の強みや弱み、得意なことを明確にし、転職志望先の決定や自己アピールの整理に活用します。

過去の経験や業務実績などを棚卸しし、自分の価値観や求める職場環境を明確にすることが重要です。

ビジネスマナーやIT関連の基本スキルを身につけること

社会人基礎力としてのビジネスマナー、文書作成や表計算などのオフィスソフトの使用スキル、データ管理やエクセル関係の基本的なプログラミング知識など、職場で求められる基本的なスキルを身に付けましょう。

これらのポイントに注意して転職活動を進めることで、第二新卒者は自分に合った職場を見つけ、新たなキャリアを築いていくことが可能です。

自分のキャリアプランに合わせて、これらのポイントを活用してください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

第二新卒の転職を有利にできる期間やコツのまとめ

このように、第二新卒と名乗れる期間は限られているため、その期間に第二新卒の強みを活かした転職活動を行うことが大切です。

そのため、ただ就職活動をすれば良いというものではなく、業界調査と自己分析を徹底して行い、自分に合った業界や職種を見極めることが重要です。

そこで、転職エージェントを活用することで、ご自分に合った業界や職種を客観的な自己分析のもとで選ぶことができるでしょう。

転職エージェントを選ぶ際には、ご自身が目指す業界や職種に特化した転職エージェントに相談して自己分析を行い、ご自身の特徴や強みをしっかりと理解してから就職活動を行うことが重要です。

信頼のできる転職エージェントのサポートを受けながら就職活動を進められれば、就職に関する悩みを解消できるだけでなく、自己分析やヒアリングを通して自分の向いている仕事に気付けるかもしれません。

特化型の転職エージェントである「ビーバーズ」では、あなたの自己分析をサポートしながら、適切な就職先を提案いたします。

関連するブログ

建設業界のお仕事探しは
ビーバーズへおまかせください。