TEL
メニュー

電気工事士がホワイト企業を見極める5つの方法|会社選びのコツや転職を成功させる方法を徹底解説

電気工事士を目指す人にとって重要なのは、働きやすい職場で高い年収をもらいながら働くことではないでしょうか。

理想的な職場を探したい人は、ホワイト企業に入ることを目指すのが重要です。

ホワイト企業とは、労働環境が良く福利厚生や制度が整っており、社員のワークライフバランスを大切にしている企業のこと。

電気工事士は仕事が多忙できついといわれることもあるため、できるだけホワイト企業の特徴を見極めた企業探しが必要です。

今回は、電気工事士がホワイト企業を見極めるための5つの方法や、実際に年収の高い会社の紹介、転職を成功させるために準備すべきポイントを解説します。

電気工事士を目指している人、電気工事士として働いているが今の職場がブラックすぎて転職を検討している人、会社選びに迷っている人はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
agent-hagi2
萩 祐太キャリアコンサルタント
業界最大手の保険会社での経験と「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の知識から金融面のアドバイスも含めたキャリアサポートが可能。職人や施工管理、建設コンサルタントなどのマッチング実績を多く保有している。

電気工事士が転職すべきホワイト企業の7つの特徴

ここからは電気工事士が転職すべきホワイト企業の特徴を7つ紹介します。

  • 社員の年収が高く残業代が支給されている
  • 福利厚生が充実している
  • 社員の勤続年数が長い
  • 有給日数が多く有給消化率が高い
  • ノー残業デーなど社員の働きやすい職場環境を整備している
  • 研修制度や資格手当などの教育制度が整っている
  • 会社の規模が大きい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

社員の年収が高く残業代が支給されている

電気工事士が転職すべきホワイト企業の特徴は、社員の年収が高く、残業代が支給されていることです。

なぜなら電気工事士の平均給与よりも高い待遇のある会社に入れば、仕事のモチベーションを高めるだけでなく、仕事に対する満足度を上げられるからです。

給与面の待遇で確認すべき点は、年間を通して一定水準のボーナスが支給されているか、残業手当が支給されているかなど。

特に残業代に関する記載は、「固定残業」が何時間に設定されているか、社員のモデル年収はいくらになっているかを確認しておきましょう。

福利厚生が充実している

電気工事士が転職先を選ぶ上で重要なポイントは、福利厚生が充実している企業を選ぶことです。

充実した福利厚生は社員の生活の安定させるだけでなく、ワークライフバランスの整った働き方実現に貢献し、社員の会社に対する満足度が高まり、働き続けたいと思える会社になるから。

特に注目すべき福利厚生の項目は以下のとおりです。

  • 健康保険・厚生年金制度
  • リフレッシュ休暇や生理休暇などの休暇制度
  • 育休・産休などの育児支援

社員のニーズに合わせた多様な福利厚生が提供されている会社は、ホワイト企業といえるでしょう。

社員の勤続年数が長い

電気工事士が転職先を選ぶ際に注目すべきホワイト企業の特徴は、社員の勤続年数が長いことです。

勤続年数が長いということは、それほど職場の環境が良く、多くの社員の満足度が高いということ。

ブラック企業であれば、劣悪な環境に耐えきれず退職する人が増えるため、勤続年数が長くなることはありません。

なぜ社員の勤続年数が多いかを考え、ホワイト企業に必要な素質が備わっているかを比較してみましょう。

有給日数が多く有給消化率が高い

電気工事士が選ぶべきホワイト企業は、有給日数が多く有給消化率が高いです。

なぜなら、ホワイト企業の多くはゆとりのある人員を確保して、社員の仕事の生産性を向上させるために仕事量を調整できる環境を整えているから。

また電気工事士の会社でホワイト企業を見つけるには、完全週休2日制という項目も重要視すべきポイントです。

たとえば電気工事会社のひとつである四電工は、下記のような有給に関するデータを発表しています。

年間休日数 125日
有給休暇消化率 42.2%
有給取得日数 12.1日
休暇の種類 夏季休暇

年末年始休暇

慶弔休暇

産前・産後休暇

育児休暇

介護休暇

リフレッシュ休暇

引用:[openwork],[リクナビ2024]

社員のリフレッシュをサポートできるホワイト企業であれば、有給休暇や年間休日数など休暇に関するさまざまな制度が整っているでしょう。

ノー残業デーなど社員の働きやすい職場環境を整備している

電気工事士のホワイト企業を見極めたい人は、ノー残業デーなどの働きやすい職場環境の整備されているかを確認しましょう。

電気工事士の仕事がきついと言われるポイントのひとつは、月の残業時間の実績です。

月の残業時間の実績を比較したい人は、マイナビやリクナビの求人情報や口コミサイトを確認するのがおすすめです。

さらにノー残業デーを設定している会社や、フレックスタイム制度の導入などに積極的な職場であれば、社員一人ひとりの働き方に対して親身になってくれるでしょう。

研修制度や資格手当などの教育制度が整っている

ホワイト企業は、研修制度や資格手当など教育制度が整っています。

スキルアップやキャリアの成長を支援する教育制度は、社員の専門性を高められ、社員を育成したいと考えるホワイト企業は力を入れているからです。

電気工事士として高い年収を目指すには、できるだけ早く実績をつけてスキルを磨く、もしくは資格を取得して資格手当をもらう方法があります。

ホワイト企業が提供する教育制度やキャリアアップシステム、資格手当を活用すれば、年収を上げつつやりがいのある仕事に取り組めるでしょう。

会社の規模が大きい

規模が大きい会社はホワイト企業が多い傾向があります。

大規模な企業は人員を豊富に確保しているため、人手不足で1人の業務量が増えすぎることがありません。

また対応する工事の種類も豊富なため、スキル次第ではさまざまな仕事に挑戦できる点も魅力のひとつ。

電気工事士として働く人で、将来スキルアップやスキルチェンジを目指す人は、豊富な選択肢のある大企業を目指してみましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士はきつい・ブラック企業が多い4つの理由とは

ここからは、電気工事士の仕事はきつい・ブラック企業が多いと言われる4つの理由について説明します。

  • 肉体労働がメインで仕事がきついから
  • 長時間労働になりやすいから
  • 人手不足で仕事が終わらないから
  • 無資格の人は年収が低いから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

肉体労働がメインで仕事がきついから

電気工事士の仕事は屋外での作業がメインであるため、暑さや寒さが厳しい環境での作業が求められます。

肉体労働も多いため、体力的に負担が大きい点が仕事のきついポイントです。

体力に自信のない人や、屋外での作業をしたくない人は、電気工事士の仕事は向いていないといえるでしょう。

長時間労働になりやすいから

電気工事士の仕事のきついポイントは、長時間労働になりやすいことです。

電気工事士が対応する設備の点検や管理業務は、それぞれ別の現場で行います。

業務時間は作業時間だけでなく、移動時間も含まれるため、定時に仕事が終わったとしても事務所に戻るための移動時間を踏まえて長時間残業になってしまうことも。

さらに、電気工事士の対応した設備で問題や不具合が起これば、休日や夜の時間帯でも対応を求められる可能性もあります。

週休2日を絶対に確保したい、残業時間を減らしたいと思う人はスキルチェンジや転職を検討しましょう。

人手不足で仕事が終わらないから

電気工事士の業界は人手不足が深刻です。

電気工事士の取り扱う電気設備業界は、企業のIT化や5Gの普及などの影響で、今後も新規設備の設置や管理など、需要が高い業界です。

電気設備の保守管理は、資格を持つ人しか対応できない業務も多いため、資格を持った電気工事士が必要ですが、現状では電気工事士の資格を持った人材が足りていません。

そのため会社によっては資格を持った電気工事士1人に割り当てられる業務が多すぎて仕事が終わらないというデメリットがあります。

無資格の人は年収が低いから

電気工事士は、未経験・無資格の人でも働ける仕事です。

しかし電気工事士の業務によっては、資格が必要な業務があるため未経験・無資格で働き始めたとしても、会社からは資格を取得するように指示されるかもしれません。

資格がなければ、できる業務に制限があるため、年収が上がらないというデメリットもあります。

資格がない間は低い年収になってしまうため、年収を上げたい人は早い段階で電気工事士の資格取得を目指しましょう。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士がホワイト企業を選ぶ際にチェックすべきポイント5つ

office, startup, business

ここからは電気工事士がホワイト企業を選ぶ際にチェックすべき5つのポイントを紹介します。

  • 会社の規模や対応する工事の種類を把握する
  • 月の残業時間・有休消化率の実績を確認する
  • 福利厚生や会社独自の制度をチェックする
  • 研修制度の充実度やキャリアアップに対する会社の取り組みを確認する
  • 働きやすさや人間関係を口コミサイトで比較する

それぞれ詳しくみていきましょう。

会社の規模や対応する工事の種類を把握する

電気工事士がホワイト企業を選ぶ際にチェックすべきポイントは、会社の規模や対応する工事の種類です。

なぜなら、会社の規模や対応する工事の種類によって、そこで働く電気工事士の仕事内容や業務量が異なるため。

たとえば主に公共工事を請け負っている電気工事会社であれば、公共事業は土日の業務を行わないため、週休2日制を目指せる可能性が高まります。

さらに、大手企業から工事を請け負っている会社であれば、工事ごとの契約金額が大きくゆとりを持った工期で進められる会社であることが分かります。

会社のホームページなどから会社が請け負った工事の実績を確認してみてください。

月の残業時間・有休消化率の実績を確認する

次にチェックするポイントは月の残業時間や有休消化率の実績です。

ホワイト企業の特徴は、残業時間が短く有給を適切に取得できるという点です。

残業時間を短くするために取り組みを進めている会社であれば、残業時間や有給取得率を隠すことなく公表しています。

実際の残業時間や有休消化率をチェックして、働きやすい企業を見極めましょう。

福利厚生や会社独自の制度をチェックする

ホワイト企業を比較するポイントは、福利厚生や会社独自の制度も挙げられます。

福利厚生や会社独自の制度は、社員の満足度やモチベーションに大きく影響を与えます。

どんな制度が自分にとってメリットになるか、複数の会社の福利厚生を比較して譲れない条件を見つけてみるのも良いでしょう。

研修制度の充実度やキャリアアップに対する会社の取り組みを確認する

未経験や無資格の人が電気工事士を目指す場合、研修制度の充実度やキャリアアップに対する会社の取り組みを確認しましょう。

たとえば研修制度が充実した会社であれば、未経験から業務に取り組む場合でもしっかりとしたサポートを受けられますし、資格手当がある会社であれば、資格取得のモチベーションになります。

会社が従業員のスキルアップに積極的に取り組んでいるということは、それほど社員の働きやすさや成長を応援しているということ。

自分がその会社に入って成長できるかを事前に把握しておきましょう。

働きやすさや人間関係を口コミサイトで比較する

ホワイト企業を見極めるには、口コミサイトの意見も参考にしましょう。

実際に働いている社員の声や評判は、その会社の職場環境や人間関係を知るための貴重な情報源です。

口コミや評判を調べたい人は、下記のサイトを参考にしてみてください。

  • OpenWork
  • 転職会議
  • ライトハウス

複数のサイトを比較することで、より詳しく会社の評判を知ることができます。

電気工事士におすすめな年収が高い電気工事会社ランキング

ここでは、電気工事士におすすめな年収が高い電気工事会社をランキング形式にまとめました。

電気工事士として働きたい人で、高い年収を目指す人は下記のランキングを参考にしてください。

順位 会社名 平均年収 従業員数 平均年齢
1 株式会社きんでん 886万円 7,995人 41歳
2 住友電設株式会社 784万円 1,680人 44歳
3 エクシオグループ株式会社 771万円 4,194人 43歳
4 富士古河E&C株式会社 769万円 1,151人 44歳
5 株式会社関電工 745万円 7,619人 42歳

引用:[電気工事士デポ]

いくら年収が高いからといって、ブラック企業に勤めてしまえば体が持ちません。

ここで紹介した会社を比較する際は、上述したチェックポイントを参考に比較してみてください。

弊社では、数多くの方の転職を成功へ導いております。ベテランの方から未経験者まで幅広い方の転職をアシストします。

  • 完全週休2日制の求人
  • 年収800万~900万以上の高収入求人多数
  • 50代60代70代の方でも応募可能な求人
  • 無料登録から最短1週間で転職可能

まずは無料登録をして色々な求人を見てみてください。専門の転職エージェントからおすすめの求人をご紹介することも可能です。

\最短即日で応募可能!/

電気工事士のホワイト企業に転職したい人のよくある質問

woman, question mark, person

ここでは電気工事士のホワイト企業に転職したい人のよくある質問をまとめました。

  • 電気工事士は未経験や無資格でもホワイト企業に転職できますか?
  • 電気工事士で年収1000万円を超える勝ち組になることは可能ですか?
  • 電気工事士はやめとけという意見、実際に仕事はきついの?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

電気工事士は未経験や無資格でもホワイト企業に転職できますか?

電気工事士は未経験や無資格でもホワイト企業に転職できます。

なぜなら、電気工事士の数は仕事の需要と比較して減少しており、電気工事会社の多くは未経験でもいいから人材を求めている状況だから。

研修制度や資格手当の充実した会社に入れば、実務経験を積みながら資格取得を目指せます。

未経験や無資格でホワイト企業に転職したい人は、「未経験OK」「資格手当あり」などの文言で求人を探して、その中からホワイト企業を見つけるのがおすすめです。

電気工事士で年収1000万円を超える勝ち組になることは可能ですか?

電気工事士で年収1000万円を超える勝ち組になることは可能です。

ただ、電気工事士の仕事だけで年収1000万円を超えるのはかなり難易度が高いかもしれません。

電気工事士が年収1000万円を超えるには下記の方法があります。

  • 電気主任技術者の資格を取得して対応できる業務の幅を広げる
  • 電気工事会社の大手に転職する
  • 電気工事士以外の資格を取得する
  • 独立して会社を建てる

実務経験と資格を組み合わせれば、ある程度まで年収を上げることは可能です。

ただ、1000万円超えを目指すのであれば、スキルの組み合わせや別の業種にスキルチェンジをするのもひとつの方法でしょう。

電気工事士はやめとけという意見、実際に仕事はきついの?

電気工事士はやめとけという意見があるとおり、電気工事士の仕事はきつい・汚い・危険と呼ばれる3Kの要素があります。

屋外の業務がきついと感じる人もいれば、汚いと感じる人も。

さらに電気を扱う業務であるため、操作を間違えると事故につながるリスクもあります。

ただ、その一方で資格を取得すれば食いっぱぐれない仕事であるというメリットも。

仕事内容の相性を判断したい人は、まずはアルバイトや派遣の仕事に挑戦しつつ、電気工事士の仕事を把握してみるのがおすすめです。

まとめ

今回は電気工事士のホワイト企業を見極めるために、ホワイト企業の特徴や、電気工事がきついと言われる理由、企業分析でチェックするポイントを紹介しました。

電気工事士はきつい・ブラック企業が多いと言われがちですが、企業分析をしっかり行えばホワイト企業に出会えます。

ホワイト企業にはどんな特徴があるか、どんな制度があれば自分は働きやすいのかを分析した上で、会社選びを進めましょう。

転職する際の会社選びに自信が持てない人は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。

ホワイト企業の中でも、自分の特徴に合った会社を提案してくれるでしょう。

本記事が電気工事士の転職の参考になれば幸いです。